ビンの梱包方法をご紹介いたします。

当社では、下記の梱包仕様に沿った梱包をした荷物に限り、ビン類の受託をしています。

 

【受託出来ない梱包】

 - 梱包のダンボールの厚さが二重になったダブルカートンを使用していない

 - ビンを立てた状態で梱包していない

 - 一升瓶(ガラスが薄く割れやすい為。)

1

ビンに対して縦2倍、横1.5倍の

エアキャップ(気泡緩衝材)を用意します。

Wine01_007_edited.png
Wine01_007_edited.png
Wine01_007_edited.png

2

bottle-1.JPG

ビンを対角線に向かって転がすように巻きます。(必ず1本ずつ、二重に巻いてください。)

3

bottle-3.JPG

ビンの首もしっかり密着させる様に包みます。

4

single_carton.jpg

シングルカートン

mark_batsu.png
double_carton.jpg

ダブルカートン

mark_maru.png

梱包には、段ボールが二重になったダブルカートンを利用します。

(シングルカートンの梱包では受託できません。)

5

bottle-4.JPG

カートンの底にも二重にエアキャップを敷き、底面からの衝撃を和らげます。

6

bottle-6.JPG

梱包する本数に合わせて仕切りを作ります。一箱に入れる本数は最大6本です。また、ビンは必ず立てます。(横に寝かせた梱包では受託できません。)

7

bottle-7.JPG

隙間に梱包用の紙を詰めて、ビンを固定し、横揺れの衝撃から守ります。

8

box-1.JPG

フタを閉じて、UPラベル、割れ物ラベルを貼って完成です。