google-site-verification=FFwwZ24PNBHjqTdYoSZi0QBdEYjUvEawgrbb5wtMAuU
 

梱包すると余白や隙間が出ると緩衝材を詰めたりして埋めていませんか?いますぐそれはやめてください。コストアップの要因かもしれません。その余白や隙間は段ボールをちょっとカットする事でなくなり、コストカットにもつながるかもしれません。ちょっとの手間で送料をお安くできる事例を紹介します。


チェックポイント1 - 航空貨物の料金


実重量と容積重量を比較したときに、より大きい重量が航空運賃の計算に適用されます。

容積重量は6000cm³=1kgです。





チェックポイント2- 容積を減らす重要性


とにかく、無駄な余白スペースを作らない、という事です。

無駄なスペースを極力減らし実重量と容積重量が等しくなることが理想です。

余分な余白を埋めるための緩衝材の削減や箱の中で動いたり浮いたりのダメージ防止にもつながります。





とにかく「余白スペースを作らない」高さカットの方法

いざ緩衝材をセットし商品を段ボールに詰めると余白が出ている場合があります。

それを極力無くす事はコスト削減につながります。

その方法は意外とかんたんです。




高さカットで段ボールの「容積」を減らしてみた  料金比較 Before After